探偵の尾行代が幾ら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く、多いほど高くなります。
また、尾行の時に移動に車やバイクを使用するケースでは、別に交通費や車両費として請求される場合がありますから、要確認です。不倫した二人に慰謝料を要求しようとするのなら、相手の身元はおさえておかなければいけませんし、エラーのない、裏切りの数々を確保しなくてはなりません。
もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、浮気の証拠をキッチリとした形で捉えてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を用意してくれるでしょう。
尾行代金の設定が時間単位でおこなわれている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、お金がかからなくなります。
ですので、尾行を探偵におねがいするなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。
自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができて、お互いにとってメリットがあります。信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、口コミをチェックするのも有効です。ここで重要なことは、その探偵事務所が管理しているウェブサイトに紹介されている口コミを参考にするのではなく、全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトに載っているような口コミをチェックするといいでしょう。
探偵事務所の関係者以外による口コミは、信頼できる情報なのはエラーありません。探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つです。
実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるみたいです。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用を算出します。短時間で調査を完了すると請求金額も少ないです。
もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。
ただ注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)が必要なのは、不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数などさまざまな事を考えて裁判官の決定を待つことになります。 追跡グッズという探偵が使うものは 自分でも買えるものかと言いますと、購入することが可能です。
追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用されることが多いですが、これは誰でもインターネットなどで購入が可能です。
車に載せるGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。
車の目立たない場所にGPS端末を取り付けておいて、移動の様子を常時監視し、今いる場所をモニターしたり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して行動を確認することができます。車より、徒歩、チャリンコ、公共交通機関などを使う事の多い人なら、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。
これで、相手がどこにたち寄ったのかやそこで過ごした時間もわかるでしょう。不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もあると言われているのですし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても慰謝料をもとめることができますが、金額は少なくなってしまいます。
さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。
どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。
プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚の必要性については考えるべきでしょう。
ご夫婦におこちゃまがいる場合ですと特に浮気をした、されたといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。
養育費を請求できたところでもらえる額は少ないですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、シゴトをしながら育てるのは心身伴に大きな負担になります。男手一つで育てる場合にもまた同様でシゴトを両立させることは簡単では無いでしょう。